【産業カウンセラーの資格】取得方法完全解説!受験資格・合格難易度など

編集部

編集部

「【産業カウンセラーの資格】取得方法完全解説!受験資格・合格難易度など」のアイキャッチ画像

産業カウンセラーの資格概要

資格分類民間資格
ジャンル
受験資格①協会が行う産業カウンセリングの学識及び技能を修得するための講座を修了した者
②1)大学院研究科において心理学又は心理学隣接諸科学、人間科学、人間関係学のいずれかの名称を冠する専攻(課程)の修了者であって、A群からG群(注1)までの科目において、1科目を2単位以内として10科目以上、20単位以上を取得していることを要する。
 2)社会人として週3日以上の職業経験を通算3年以上有し、大学院研究科において心理学又は心理学隣接諸科学、人間科学、人間関係学のいずれかの名称を冠する専攻(課程)の修了者であって、第3条第4号に定めるA群からG群(※1)までの科目において、1科目を2単位以内として4科目以上、8単位以上を取得していることを要する。
③4年制大学学部の卒業者であって、公認心理師法 別添「公認心理師法第7条第1号及び第2号に規定する公認心理師となるために必要な科目の確認について」の別表「大学における必要な科目」のうち、協会が指定する17科目(注2)について、所定の単位を取得した者。
試験内容学科試験:5者択一によるマークシート方式
実技試験:ロールプレイ(ミニカウンセリング)及び口述試験
合格基準
試験日程学科試験 2022年6月26日(日)
実技試験 2022年7月2日(土)又は3日(日)
受験料
登録について
更新について
主な対象者
主催者・公式サイト日本産業カウンセラー協会 産業カウンセラー試験

産業カウンセラーの資格に関する最新ニュース

産業カウンセラーの試験内容

産業カウンセラー試験の受験資格について

①協会が行う産業カウンセリングの学識及び技能を修得するための講座を修了した者
②1)大学院研究科において心理学又は心理学隣接諸科学、人間科学、人間関係学のいずれかの名称を冠する専攻(課程)の修了者であって、A群からG群(注1)までの科目において、1科目を2単位以内として10科目以上、20単位以上を取得していることを要する。
 2)社会人として週3日以上の職業経験を通算3年以上有し、大学院研究科において心理学又は心理学隣接諸科学、人間科学、人間関係学のいずれかの名称を冠する専攻(課程)の修了者であって、第3条第4号に定めるA群からG群(※1)までの科目において、1科目を2単位以内として4科目以上、8単位以上を取得していることを要する。
③4年制大学学部の卒業者であって、公認心理師法 別添「公認心理師法第7条第1号及び第2号に規定する公認心理師となるために必要な科目の確認について」の別表「大学における必要な科目」のうち、協会が指定する17科目(注2)について、所定の単位を取得した者。

産業カウンセラー試験内容について

産業カウンセラー試験合格基準について

産業カウンセラー試験の難易度について

産業カウンセラー試験平均合格勉強時間

産業カウンセラー試験合格率推移