200 ㎏クラスの重量鉄筋を楽に運べるアシストロボが登場

清水建設株式会社、株式会社エスシー・マシーナリと共同で開発した200kgクラスの重量鉄筋を楽に運べるアシストロボについて、プレスリリースを行ないました。
清水建設株式会社(本社:東京都中央区、社長:井上和幸)、アクティブリ ンク株式会社(本社:奈良県奈良市、社長:藤本弘道)、株式会社エスシー・ マシーナリ(本社:神奈川県横浜市、社長:上田種男)の 3 社はこのほど、 国土交通省の i-Construction 施策に沿った建設現場の生産性向上を目的 に、重量鉄筋の配筋作業をアシストするロボットアーム型の作業支援ロ ボット「配筋アシストロボ」を共同開発しました。
リリース詳細は、右上のダウンロードボタンからご確認いただけます。