10年後、パワードウェアは技能やスキルを「ダウンロードして着るもの」に変える──。Sci-Fiプロトタイピングで描いた未来図『ATOUN Vision 2030』発表

着用型ロボット「パワードウェア」を開発・販売するロボティクスファーム、株式会社ATOUNは、このほど、世界的なクリエイティブ集団「PARTY」の協力のもと、Sci-Fiプロトタイピングという手法を生かして、実現すべき「パワードウェアのある10年後のライフスタイル」を描き、そこに到る道筋を示した『ATOUN Vision 2030』を策定いたしました。

AIが注目され、さまざまなテクノロジーが私たちの生活のなかに本格的に取り入れられはじめた昨今、社会では「ロボットと人間」「テクノロジーと人間」のあり方が問われています。ATOUNもまた創業以来、その手がかりが「あうんの呼吸」にあるとしてパワードウェアの開発に取り組み、ロボットと人間の理想的な関係を追い求めてきました。『ATOUN Vision 2030』では、この先の「ロボットと人間の関係」をさらに具体的に描きだし、ビジョンとして提起しています。

▼【動画】『ATOUN Vision 2030』発表映像